当ホームページ及び、Ledesoneが管理している全てのWebサイトでは、「障がい・障がい者」を「障害・障害者」と表記しています。

「障がい者」と表記すると、視覚障害のある方などが利用するスクリーン・リーダー(コンピュータの画面読み上げソフトウェア)では「さわりがいしゃ」と読み上げられてしまう場合があるためです。

Ledesoneでは、「障害は人ではなく環境にある」という考えのもと、漢字の表記のみにとらわれず、社会における「障害」と向き合っていくことを目指します。