現在、日本では様々な「周囲からは見えづらい困りごと」を抱える人が多く存在しています。見えづらい困りごとは周囲に理解をしてもらえにくく、また日常的に苦しい思いをしている人は多く存在しています。私たちは企業の働く環境や、サービス提供を当事者の目線を取り入れながら改善することで、ひとりひとりが過ごしやすい社会をともにつくっていくことができると考えています。

主なサービス内容
(法人・自治体・教育機関等向けサービス)

ワークショップ

発達障害や精神障害のある当事者を巻き込んでのワークショップを実施することで新しいサービス開発や社内啓発を目的としたワークショッププログラムをご提案します。

事例紹介(一部)

講演・研修

発達障害や精神障害など周囲からは分かりづらい特性持つ方への対応などユニバーサルデザインの観点から当事者や専門家による研修を提供します。

事例紹介(一部)

リサーチ

発達障害や精神障害のある当事者に対してリサーチを行い製品やサービス、働く環境を改善するためのフィードバックを行います。

事例紹介(一部)

クリエイティブ制作

より多様な方に「見えやすい」「伝わりやすい」を意識したクリエイティブ制作を行います。映像字幕の制作・編集も行っています。又、障害のある当事者によるチェックも行います。

事例紹介(一部)

イベント

ダイバーシティ&インクルージョンやSDGs、ユニバーサルデザインなどをテーマにしたイベントの企画運営を行います。又、オンラインイベントの配信サポートなども行なっています。

コンサルティング

障害者差別解消法などの法令遵守をするための障害のある当事者目線からのサポートや取り組むためのソリューションをご提案します。又、ユニバーサルデザイン向上のためのツールやサービスの紹介、導入支援も行います。