LOOVIC|困りごとを身近に感じるワークショップの実施

クライアント:LOOVIC株式会社
実施日:2022年10月
あるあるカードワークショップ

実施概要

「目的地の方向をすぐに見失ってしまう」「何度も通った道を覚えられない」といった「空間認知」に関する課題を解決するスタートアップ「LOOVIC株式会社」からのご依頼で同社がクラウドファンティングの支援者向けに「空間認知」や「移動」に関する困りごとをより身近に感じてもらうためのワークショップを実施しました。

LOOVIC社の取り組みは以下の記事で紹介しています

実施内容

LOOVIC社が向き合う「目的地の方向をすぐに見失ってしまう」「何度も通った道を覚えられない」といった「空間認知」に関する課題をより身近に感じてもらい、課題の認知や取り組みへの共感をより促していくためのワークショップを企画設計及び当日のファシリテーションを実施しました。

あるあるカードを用いたワークショップ

「移動」や「空間認知」に関する困りごとなどが書かれた「あるあるカード」を選択しお互いのあるあるエピソードを共有することによって課題をより身近に感じてもらうようにカードを制作しました。

※あるあるカードについて
弊社が開催するハッタツソンのプログラムで参加者によって考案された「凸凹あるこうカードゲーム」を元に制作しています。

当事者からのアンケート結果をまとめたスプレッドシートのスクリーンショット
ADHD、LD等の発達障害の当事者や高次機能障害のある当事者に対して「移動」や空間認知に関する困りごと調査をLedesoneで行い、それを「あるあるカード」に反映している。
あるあるカードのスクリーンショット
制作した「あるあるカード」。さまざまな「移動」や「空間認知」に関するあるあるが掲載されている。
6名の参加者がワークショップをしている様子
ワークショップの様子。参加者は自身が一番当てはまる「あるあるカード」を選択してエピソードを共有する。

【関連記事】

前の記事

ハッタツソンフェス